ows360用に3ds Maxでファイルを準備する方法

3ds max用のダウンロードスクリプト(ベータテスト)

NEWバージョン1.1.0(10.02.2019)

スクリプトを3dsMaxウィンドウにドラッグします。スクリプト自体は、ヘルプボタンの後にトップメニューにボタンを追加します。

1/ シーンにカメラを取り付けます。新しいカメラを作成するか、シーンからすでに設定されているものをコピーすることができます。次に、カメラはレイヤー「owo360」で最初に作成されたものからコピーされます。

2 / ジオメトリをエクスポートする小さい多角形オブジェクトと高い多角形オブジェクトをすべて非表示にし、メインプレーンのみを残して[ジオメトリのエクスポート]をクリックします。
ジオメトリをエクスポートする前に、すべての複雑なモデルを非表示にし、理想的には壁、天井、および床だけを残します。
File geometry.fbxはそれほど多くのスペースを取らないでください。

ファイルgeometry.fbxはそれほど多くのスペースを取らないでください。理想的には約5 MBです。ファイルが大量のスペースを占める場合は、低ポリゴンで最適化してください。

3 / 360をレンダリング - 360個の球面パノラマをレンダリングするための設定を行います。 render360をクリックしてください。
高品質のために、8000 * 4000 pxの解像度を使用することをお勧めします。

4 / プロジェクトフォルダからowo360アカウントにすべてのファイルをコピーします。

コロナレンダリング設定

owo360レイヤーのすべてのカメラにCoronaCameraMod修飾子を追加します。
カメラの投影/オーバーライドをインストール:球形

あなたのウェブサイトに公開する

これを行うには、iframe埋め込みコードを使用します。交換」あなたのツアー"あなたの個人アカウントからのリンクを使って。iframeのサイズを指定してあなたのサイトにコードを貼り付けてください。